koi-sanの煩悩覚書weblog
2018 / 12   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Counter
total : 831788
yesterday : 103 / today : 051

Profile
工房studio-513室長

Menu

Category

Recent Diary

Recent TrackBack

Recent Comments
Re:久しぶりの釣行
  └ しんじ at 2009/08/04 18:24:40
  └ koi-san at 2009/08/17 1:40:51

Pickup Photo!

RSS & Atom Feed
koi-sanの煩悩覚書weblog
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
RENAULT F1 2004製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
スイーツデコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AMG 500SL製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Ferrari F60製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Dino 246GT製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自作PC関連
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽関係&DTM
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Ferrari F189製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
週刊フェラーリラジコンカー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
F430 CHALLENGE製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ディスプレイ台の製作
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ランボルギーニディアブロ製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
HONDA F1 RA272製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
FIAT ABATH695製作記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
釣れない釣行記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
日々の出来事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
DIY日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3


Pageview Ranking

Search

2011/09/12
いよいよAMG製作記も最後です。

既に完成しているシャーシにボディーを取付けました。
AMG 500SL 製作記_21

そして、最後の細かい作業となったボンネットのウォッシャーノズルの取付けです。
ウォッシャーノズルは初めにボンネットから削り出して整えた状態では接着が難しいために、底面にφ0.3mmの穴(勿論、貫通はさせません)に洋白線の0.25mmをわずかに刺し込んで接着しました。
(写真右側)
ボンネットは、ウォッシャーノズルを削った際に位置が確認できるようにφ0.3mmの穴をあけた穴に洋白線を刺し込み接着しました。
(写真左側)
AMG 500SL 製作記_21

ドアミラーや、ワイパー等をボディーに取付けでいよいよ完成です。
AMG 500SL 製作記_21

フロントのフォグランプは、部品が届き次第取付けます。

そして、次回製作のキットは考え中です。

F1イタリアGP、白熱してる〜。
posted at 2011/09/12 0:24:02
lastupdate at 2011/09/12 0:29:41
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/11
作業も先が見えてきました。
ボディーに取付けるパーツの仕上げです。
バンパーの研き出しをしてフロントバンパーにはナンバープレートとフォグランプの取付けです。
が、ここで思わぬ事故です。
今まで多少のトラブルもありましたが、順調に作業を進めてきましたがやっぱりお約束?のパーツ紛失です。
左フォグランプ(写真では向かって右側)のレンズが仮組をしている際に飛ばしてしまいました。
辺りを探してみましたが見つかる気配ナシです。
なんだかまともに出来なくて、悔しいやら寂しいやら......。
とりあえず、タミヤのカスタマーサービスに部品注文してみます。
AMG 500SL 製作記_20

落ち込んだ気分を入れ替えて、ドアミラーとバックミラーにダイソーで購入したアルミシールを貼りました。
AMG 500SL 製作記_20

続いて、最後の塗装です。
幌の淵の部分をクロームシルバーで塗装して、幌や窓枠部分をセミグロスブラックで塗装しました後に、ボヘッドライトとテールランプのレンズや、フロントガラスを取付けました。
AMG 500SL 製作記_20
posted at 2011/09/11 22:49:54
lastupdate at 2011/09/11 22:49:54
修正
comments (0) || trackback (0)
 
すっかり、フロントグリルの塗装を忘れていました。

最初にフィニッシャーズのクロームシルバーを塗装しました。
次に、タミヤのエナメルセミグロズブラックを塗装して、乾燥したところでエナメル溶剤で不要部分を拭取って完成です。
AMG 500SL 製作記_19

フロントのウインカー電球の表現部分は、最初にエポキシパテで加工した時に落とし込みを深くしすぎてしまった感じなので、クリアーオレンジで塗装したWAVEの汎用部品にφ2mmのタミヤ透明棒で1mm程度高くしてみました。
AMG 500SL 製作記_19

そいして、取付けです。
AMG 500SL 製作記_19
取付け状態はイメージどおりですが、やっぱり電球の表現としては大きすぎましたね。
小さいですが、ラインストーンを使ったほうが良かったかもしれません。

posted at 2011/09/11 0:46:15
lastupdate at 2011/09/11 0:46:15
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/08
引続きボディーの研き出しです。
ボンネットの作業と同様にコンパウンドの「仕上げ目」の後に「セラミックコンパインド」でしあげました。
AMG 500SL 製作記_18

ウレタンクリアー塗装失敗の症状は、ボディーにも出ているようです。
白い粉のようなものがクリアー層に残っています。
何かよくわかりませんが自分なりに考えてみると、ウレタンクリアー塗装時にカブリがでて、ペーパーとコンパインドで仕上げていくうちにその白くかぶりが出た部分が出てきているように思われます。
推測なので、本当にそうなのかは定かではありません。
トランクやリアフェンダーの部分はよく見ると特に目立ちます。
AMG 500SL 製作記_18
AMG 500SL 製作記_18

普通に見た限りでは目立ちませんし、リカバリーも出来ませんので製作はこのまま続けます。
F60の時もそうでしたが、ウレタンクリアー塗装のトラブル続きです。
次回作品では、失敗しないで塗装できることが課題ですね。


posted at 2011/09/08 5:20:14
lastupdate at 2011/09/08 5:20:14
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/06
引き続きボンネットの研き出しです。
コンパインドの「細目」、「仕上げ目」の順に研いて傷が消えたところで、ハセガワの「セラミックコンパウンド」でさらに細かいキズを消した後で仕上げに、「コーティングポリマー」を均一に塗布しました。
AMG 500SL 製作記_17

ボンネットと同様の作業手順でボディーにかかります。
でもザラザラ感がひどかったので、ペーパーは1000番から使いました。
AMG 500SL 製作記_17

1500番、2000番の順で表面を整えてコンパインド「粗目」と「細目」まで処理しました。
AMG 500SL 製作記_17

ひたすら研き出しの作業は疲れます。
posted at 2011/09/06 1:42:58
lastupdate at 2011/09/06 1:42:58
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/03
ウレタンクリアーをドライブースで二日間乾燥させたので、今日から研き出しをします。
写真が撮りやすいボンネットで進捗状況を紹介します。

最初にウレタンクリアーを塗装したままの状態です。
AMG 500SL 製作記_16

写真でも梨肌のようにザラついているのがわかりますね。
正直なところ完全に失敗です。
でもここからリカバリーは無理に等しいので作業を進めます。

1500番のペーパー(紙ヤスリ)で塗装面を均一にしたあとに、2000番のペーパーがけをします。
その後にコンパインドの「粗目」で研きます。
コンパウンドはタミヤ製を使用しています。
いろいろなメーカーから販売されていますが、私にはタミヤ製が使いごこちが良いです。
ボンネットの向かって右側だけを研いてみました。
こうして見ると違いがよくわかりますね。
AMG 500SL 製作記_16

そして全体をコンパインド「粗目」で研いた様子です。
AMG 500SL 製作記_16
写真でみてもわかるとおり、まだまだ研きキズが残っていますので、このキズが消えるまで研きます。

あまりにも単純作業なので眠くなったりモチベーションがすぐに下がってしまいます。
posted at 2011/09/03 0:43:18
lastupdate at 2011/09/03 0:43:18
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/09/01
組立て終わったバスタブ形状の内装部分をシャーシに取付けました。
まだタイヤは付けていませんが、これでシャーシ部分は完成です。
AMG 500SL 製作記_15

いよいよボディー関連の残り作業です。
クリアーパーツの塗装をしました。
写真左が、テールランプ部分でクリアーオレンジとクリアーレッドを塗装しました。
写真中央のフロントガラスは、上部のサンシェードをクリアーブルーで塗装しました。
キットには、このサンシェードのデカールが付属していますがデカールの境界が目立つために塗装しました。
そして、写真右のパーツはWAVEの汎用パーツの使ってフロントウインカー電球を表現します。
使用する部分にのみクリアーオレンジを塗装しました。
ウインカー電球のには、ラインストーンを使うつもりでしたが手持ちのラインストーンが小さい為に
WAVEの汎用パーツを使う事にしました。
(1/24というスケールからすると、ラインストーンのほうが大きさは合っていると思いますが小さすぎて目立たないような感じ。)
AMG 500SL 製作記_15

続いてボディーのウレタンクリアー塗装です。
ラッカーにしようか迷っていましたが、結局ウレタンにしました。
希釈が濃かったせいか、梨肌状になったりカブリがでて白くザラザラになったりして、なんだか失敗な感じです。
ここで失敗すると、後戻りするためにはアフターサービスでボディーパーツを注文して最初から出戻りか、このまま完成できずにオミットということになります。
せっかく今までにないペースで進んできているので、完成させたいですがどうなることでしょうか?
とりあえず、ドラーブースに入れて乾燥させて様子を見ます。
AMG 500SL 製作記_15
posted at 2011/09/01 5:09:57
lastupdate at 2011/09/01 5:09:57
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/08/29
内装の仕上げ作業です。
シートベルトのモールドを削り落としていますので、モデラーズのシートベルトで再現しました。
写真では見難いですね。
(モデラーズ製品は今では入手できないのが残念です。)
AMG 500SL 製作記_14

AMG 500SL 製作記_14

そして内装部の組立てです。
AMG 500SL 製作記_14

次は、外装パーツの塗装とボディーのクリアー塗装です。

ベルギーGPかなり白熱してる〜!!
posted at 2011/08/29 0:28:55
lastupdate at 2011/08/29 0:28:55
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/08/26
少しずつではありますが、従来にはない好調なペースで進められているAMG 500SL。

センターコンソールのウッドパネルの部分に木目調ジャンクデーカールを貼りました。
メーターパネルのデカールも貼り終えてました。
写真はありませんが、ボンネットのメルセデスベンツマークのデカールや、ナンバープレートのデカールも貼りました。
これで、全てのデカールが貼り終わりました。
AMG 500SL 製作記_13

前回の作業で、アームレスト部分のウッドパネル部分を塗装しましたが、今回のセンターコンソール木目調デカールとのカラーの違和感も予想以上になくて良かったです。



posted at 2011/08/26 0:44:45
lastupdate at 2011/08/26 0:44:45
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2011/08/24
内装のブラウン塗装の部分が終了した後に、セミグロスブラック(半艶黒)を塗装しました。
ここで塗装したセミグロスブラックは、オリジナルカラーです。
内装部分は黒で塗装するよりもわずかに明るめの黒(黒に近いグレー)のほうがよいと思っています。
(今回はルーフがないオープンカーですが、ルーフがある場合は内装が暗くなってしまうので、内装部分については少し明るめの黒を塗装しています。)
日塗工の色でいえば、N-1.5からN-2.0くらいの色です。
AMG 500SL 製作記_12

続いて、ドア部分アームレストの木目パネルを塗装します。
最初にオレンジで塗装した後に、ブラウンで木目を表現します。
表現といっても適当に汚してる感じです。
そして最後にクリアーオレンジを塗装して仕上げています。
ウッドパネルの塗装は初めてですが、この面積程度であれば意外と難しくないですね。
AMG 500SL 製作記_12
posted at 2011/08/24 2:17:08
lastupdate at 2011/08/24 2:17:08
修正
comments (0) || trackback (0)